一般企業の健康保険組合で働く看護師・保健師になるには

企業の健康保険組合で働く看護師・保健師とは

看護師や保健師の中には、民間企業への転職を希望する人も結構多いです。病院の場合、どうしても変則的なスケジュールなので仕事を続けるのが大変です。一般企業であれば原則として、土日や祝日は休みですし、夜勤も基本的にありません。規則正しく仕事ができるので、肉体的な負担を考えた場合、企業への転職を求める傾向が見られます。一般企業に転職する方法として、健康保険組合に転職する方法があります。

 

健康保険組合で仕事をする場合、従業員がより健康的な環境で仕事をするためにはどうすればいいのか、いろいろな対策を考えていきます。健康維持というのは肉体的なだけでなく、メンタル的な側面も含まれます。このため、対策をいろいろと立案するためには、幅広い知識が要求されます。

 

ですから即戦力として使える人材を求める傾向が見られます。看護師や保健師として十分な経験を積んできたという自覚があれば、その経験を積極的にアピールしてみるといいでしょう。

 

大手企業の健康保険組合とデータ管理

大手企業の健康保険組合として就職する形になると、本社の他にも事業所や支社などに赴いて勤務をする可能性もあります。おそらくたいていの求人は本社における勤務になると思ってもらっていいでしょう。しかし支社や事業所に出張して、従業員の健康管理を行う可能性があります。ある所は東京の本社で基本的に勤務しますが、神奈川県にある支社に週1〜2回くらいのペースで通って業務を行っているケースもあるようです。

 

また企業の中には、自社工場を抱えているケースもあるでしょう。その場合この工場を定期的に訪問して、従業員の健康管理や健康診断のサポートを実施することもあるようです。そうなるとその分忙しくなることは覚悟しておくべきです。

 

その他にも従業員が多いということは、データの管理もその分膨大になることを意味します。パソコンを使って管理をするのが一般的になっているので、ある程度のパソコンスキルが必要となることも頭の中に入れておくべきです。

 

看護師や保健師の仕事内容

企業の健康保険組合に転職をした看護師や保健師は、今までには経験したことのない仕事を担当することもあります。そこで最初の内は戸惑うこともいろいろと出てくる可能性があります。たとえば、それぞれの従業員の労働環境を調査するという業務を担当することがあります。病院やクリニックで今まで勤務してきた人にとっては、少し勝手の違う仕事で戸惑いを覚える人も多いのではないでしょうか?

 

具体的には、まず肉体的や精神面の健康チェックを定期的に実施します。そして労働している場所や時間、仕事量、休憩時間などを調べて妥当な勤務状況にあるかどうかを調査します。また残業があるのかどうか、ある場合にはどの程度の残業を担当しているかについても調査が実施されます。そもそも適材適所で仕事の割り振りができているかもチェックします。

 

このような労働環境を定期的にチェックすることで、労働者の健康を損なうようなファクターがないかどうか確認できるわけです。